良い印鑑を購入しよう

購入時に印鑑を選んだら、まずは市販も物を考えるかもしれませんが、手彫りは違います。手彫りの印鑑とは、長く使い、頻繁に使う物なので良い印鑑を使う必要があります。会社や役職などではなく、個人でも自身の印鑑は今後大切の使うので、安心できるたった1つの印鑑を作りたいものです。職人が作った印鑑を購入すると、その印鑑は不思議となくさないように大事にするものです。

安いからいいというのではなく、愛着を持って、今後何年、何十年か分からない間使い続ける大切な印鑑です。そこには、値段などでは言い表せないものがあります。いかに、今後見つめて使っていく印鑑に、思いが詰まっていくかも分かります。今後も使い続けていくかは大切な思いがあるはずです。

手彫りの印鑑の良さとは、自分の中の宝物になるから、といっても言い過ぎではないです。長く、愛着を持って使うからこそ、より一層味わい深いものになっていくのです。簡単に使うものではなく、きちんと使うからには、それだけ良い印鑑を購入することです。もしかしたら、後世にも渡って行くかもしれない印鑑は良い印鑑を購入することが大切のなります。良い印鑑だからこそ、大切に扱っていきたいといえますから、良い印鑑を購入しましょう。

関連HP<手彫り印鑑の購入|いいはんこやどっとこむ>

手彫りのメリットは?

手彫りの印鑑とひとことでいっても、字体を選んだりも出来ますから、個性があります。職人の人が手塩にかけた印鑑も、自身が作って頂く時緊張と楽しみが出てきます。そして、印鑑は単に押すものではなく、朱肉に付けた感覚から変わってきます。愛着だけではない、そこには自分の歴史も含まれてきますから、大量生産ではなく長く使うことが出来るのです。使ってみると、まず手にフィットしますし、朱肉に付けた時に付き方が変わるのです。

また、実印として印鑑登録に行った時に、不思議と責任感が出てくるものです。個性、愛着、責任感があり、これから長く使っていくことに楽しみが出てきます。印鑑は使う回数は何かと多いですが、段々と手に馴染み、すっと手にして押すことが出来るのです。

さらに、同じ印鑑はこの世に2つとありませんから、真似されることはありません。つまり偽造されることもありませんから、安心して使えるのです。手彫りの印鑑は自身でも、同じ印鑑を、もう1度作ってもらうことは出来ません。同じように作っても、どこか違うようになっているのです。そこが、職人の技でもある、手彫りの印鑑の良いところなのです。2つはない、しかも選んで字体なども作って頂けるので、とても便利なたったひとつの実印になるのです。

手彫りの印鑑

出来上がった印鑑を購入する時、大体が特徴のないありきたりな印鑑になってしまいます。どうやったら、自分の特徴を現すことが出来るか、なかなか難しい内容になってきてしまいます。もしも、印鑑にオリジナル性があったら、自分の好きな印鑑を実印にしたいと思うのではないでしょうか。それが、認め印ではなく実印なら長く使える印鑑なので、大事に扱い、また好きになるのではないでしょうか。

職人の技でもある手彫りの印鑑は、決まっていないのでその都度どこか違った面があります。全く同じ印鑑は作れませんから、いくつか選んで手彫りの印鑑を決めたら、その印鑑が出来上がるのが楽しみになってきます。種類はどうなっているのか、手彫りといっても、同じではないかと思っても、全く同じは作れないからこその良さがあります。

長く使いたいと思うからこそ、愛着のある印鑑は持ちたくないでしょうか。自分で、どこかでなくしても、全く同じは作れないことこそ職人の技が手彫りの印鑑にはあります。手にした時、その印鑑がこれから先自分のオリジナルのひとつと感じたら、そこに重みすら感じるのではないでしょうか。それは自分だけの個性のある、そして手彫りならではの職人の愛情すらこもった印鑑といえるのではないでしょうか。手彫りの印鑑を手にした時から、個性は見えないところからでも発揮できて、喜びに変わるのだといえます。個性があるから、味のある手彫りの印鑑を作ってみることはいいことだといえるのです。