手彫りの印鑑

出来上がった印鑑を購入する時、大体が特徴のないありきたりな印鑑になってしまいます。どうやったら、自分の特徴を現すことが出来るか、なかなか難しい内容になってきてしまいます。もしも、印鑑にオリジナル性があったら、自分の好きな印鑑を実印にしたいと思うのではないでしょうか。それが、認め印ではなく実印なら長く使える印鑑なので、大事に扱い、また好きになるのではないでしょうか。

職人の技でもある手彫りの印鑑は、決まっていないのでその都度どこか違った面があります。全く同じ印鑑は作れませんから、いくつか選んで手彫りの印鑑を決めたら、その印鑑が出来上がるのが楽しみになってきます。種類はどうなっているのか、手彫りといっても、同じではないかと思っても、全く同じは作れないからこその良さがあります。

長く使いたいと思うからこそ、愛着のある印鑑は持ちたくないでしょうか。自分で、どこかでなくしても、全く同じは作れないことこそ職人の技が手彫りの印鑑にはあります。手にした時、その印鑑がこれから先自分のオリジナルのひとつと感じたら、そこに重みすら感じるのではないでしょうか。それは自分だけの個性のある、そして手彫りならではの職人の愛情すらこもった印鑑といえるのではないでしょうか。手彫りの印鑑を手にした時から、個性は見えないところからでも発揮できて、喜びに変わるのだといえます。個性があるから、味のある手彫りの印鑑を作ってみることはいいことだといえるのです。