手彫りのメリットは?

手彫りの印鑑とひとことでいっても、字体を選んだりも出来ますから、個性があります。職人の人が手塩にかけた印鑑も、自身が作って頂く時緊張と楽しみが出てきます。そして、印鑑は単に押すものではなく、朱肉に付けた感覚から変わってきます。愛着だけではない、そこには自分の歴史も含まれてきますから、大量生産ではなく長く使うことが出来るのです。使ってみると、まず手にフィットしますし、朱肉に付けた時に付き方が変わるのです。

また、実印として印鑑登録に行った時に、不思議と責任感が出てくるものです。個性、愛着、責任感があり、これから長く使っていくことに楽しみが出てきます。印鑑は使う回数は何かと多いですが、段々と手に馴染み、すっと手にして押すことが出来るのです。

さらに、同じ印鑑はこの世に2つとありませんから、真似されることはありません。つまり偽造されることもありませんから、安心して使えるのです。手彫りの印鑑は自身でも、同じ印鑑を、もう1度作ってもらうことは出来ません。同じように作っても、どこか違うようになっているのです。そこが、職人の技でもある、手彫りの印鑑の良いところなのです。2つはない、しかも選んで字体なども作って頂けるので、とても便利なたったひとつの実印になるのです。